御前山(大月):残暑厳しい低山を登る

DSC03025.jpg

最近は比較的標高の高い百名山ばっかり登ってましたね、日帰り低山中心の私としては少しミーハー過ぎたかもしれません。
まぁ夏は標高の低い山に登りたくない、というのが正直な気持ちなのですが。

しかし今回はそうも言っていられません。というわけで久々に標高1000mを切る低山に登ってまいりました。
既に9月も半ばに差し掛かるこの時期ですが、案の定暑すぎて地獄です

狙い

DSC02910.jpg

今回の目的はひとつ。最近買った新しいザックの使い勝手を知ることでした。

9月の連休中にまたアルプスに登りたいなぁと思い、40l級のザックに手を出した私。
買ったからには登りたい。でも早起きは嫌だ。行動時間が長いのも、帰るのが遅いのも嫌だ。
という我儘を全部聞いてくれそうな山ということで、駅近登山を楽しめる大月の御前山を選んだのでした。

……よりにもよって、9月の暑い日に。

そんなこんなで新しく買ったOspreyのKestrel 48に、敢えて荷物をいっぱい詰め込んで登ります。

大月駅〜菊花山

DSC02922.jpg

大月駅から徒歩圏内の山といえばここ御前山と、鎖場で有名な岩殿山でしょう。
最初は岩殿山に登ろうと思っていたのですが、今回は敢えていつもより荷物を増やしているので少しコンセプトが違うかな……と思い、前から気になっていた御前山をチョイス。

駅に着いてみたら実は岩殿山、高速道路も通行止になった以前の大雨の影響で、今なお入山禁止になっているとのことでした。
山ってこういうこともあるんですね。

DSC02936.jpg

駅から登山口まではほぼまっすぐ。
登山口自体はややわかりづらいですが、秀麗富嶽十二景定番のあの道標があるので、山沿いを注視しながら歩いていればきっと見つけられるはず。

登山口から少し登って赤い鳥居を潜ります。途中で鉄塔を見上げたり、何か小屋を横切ったり。
菊花山へと向かう序盤は、意外とキツめの坂でした。

DSC02944.jpg

危険な箇所はなく恐れるほどのものではないですが、一応鎖やロープもあります。
道が狭いために遮る木々も少なく、強い日差しの直撃を受けて汗だくに。

DSC02963.jpg

そうして一気に登った先に広がるのは、両脇を背の低い木に囲まれた尾根道。
これぞ低山の魅力の一つ、ですね。

DSC02969.jpg

登り始めてから3〜40分、最初のピークである菊花山に到着。
山頂は狭いですが見晴らしは良く、空の青さを堪能できます。

少し休んだら先に進みます。

菊花山〜御前山

DSC02999.jpg

菊花山からは尾根道を少し歩いたら一旦下り、そして御前山へと再び登り返します。
途中、開けた道と狭い道の二手に分かれる箇所があります。スマホの登山地図などで見て頂ければわかると思うのですが、開けた道の方が地図上の破線ルートで、狭くてあまり整備されていなさそうな道が実は正規ルート?です。
破線ルートから進むと最後は、地図では危険と書かれた岩場を登ることになるとか何とか。

……まぁ正規ルートと思われる方の道もやや荒れ気味で、踏み跡の少ないような場所もあり。本当にこっち来てよかったんだろうか?と思うような道ではありますが。
駅近の山にしては珍しいですね。マイナーなんでしょうか、御前山。

途中すっごい猛毒らしい毒キノコとかと出会ったりしつつ、歩き始めて1時間半ほど。
御前山の山頂に到着です。

御前山〜猿渡駅

DSC03031.jpg

御前山の山頂はこんな感じで、切り立った崖になっています。南側の展望がよく、お昼の休憩にするにはちょうど良さそうな場所ですね。
標高700m強、開けているとは言え周りは山々に囲まれています。が、富士山も近いので、天候によっては良い富士見登山になるのではないでしょうか。
……この日はこんなに天気が良かったのに、富士山は雲に覆われていて見えなかったんですけどね。

山頂でのんびりカップラーメン。この時期は別にわざわざカップラーメンしなくてもいいんじゃ……、って食べながら思ったのは内緒な。

1時間くらいのんびりしたのでそろそろ下山。

DSC03036.jpg

御前山からはもと来た道を戻るルートと、別の道を通って大月駅に戻るルート、そして猿渡駅へと進むルートがあります。どれを選んでも距離は短いので、今回は猿渡駅へと進むルートを選択。
猿渡駅といえば扇山〜百蔵山を思い出しますね。

新年初日記は山歩き日記:扇山〜百蔵山

途中、本当に何もない神楽山に立ち寄りながら、やや急で滑りやすい道を下っていきます。
ロープの張られた箇所にも数度出くわしますが、意外と滑りやすい箇所が多いので素直に頼ることにしましょう。

特に最後の方。傾斜は言うほどではないのですが、なぜか妙に滑りやすい曲がり道があります。
そこは本当に、意地を張らずにロープのお世話になるべきだと思います。コケてからでは遅いので。

DSC03044.jpg

こちらから登ったらどんな感じなんでしょうね。
景色だけ見ている分にはちょっと道が狭いかな?という程度の、特に珍しくもない低山の登山道なのですが。

DSC03059.jpg

そうして歩いていくと、突然一般道が。
よくある、登山道と並行して伸びる峠道……かと思いきや、あっけなく登山道の方が終わり一般道と合流します。
ここまでで3時間ちょっと、時間は短いながら意外と中身の充実した山歩きでした。

御前山は花の季節や、空気の澄んだ秋冬に登るとなかなか楽しそうですね。夏は暑さが地獄です
久々にがっつり水分を採った山歩きになりました……。

DSC03064.jpg

道中、まだまだ青い栗の実を撮ったりしながら田舎道を歩きます。
そして秀麗富嶽十二景定番の「ハッピードリンクショップ」で喉を潤していたら……突然の雨。夕立ちです。

こんな時間で暑いのに西の方は霧がかってるなー、とか呑気に眺めてたらコレですよ。山の天気は云々。

そんな感じで初めてレインウェアのお世話になったり、ザックカバーどこだっけって慌てたりしながら駅に向かったのでした。
実は駅から僅か数分の距離、自販機の誘惑に負けてなければまったく濡れることもなかったんですね。

2017.09.10 御前山(大月)

最後はflickrのアルバムで締め。今回は枚数少なめ。
35mmと100mmで交互に撮るような山登りになりましたが、久々に低山に入ると難しいですね。
レンズ交換は少なくして、今着けてるレンズで撮れる風景を撮る、という考え方をした方が良かったのかも。

アーカイブ