天覧山〜多峯主山:紅葉登山のゴール地点

2018.12.04 秩父・奥武蔵

DSC09274-2.jpg

久々にソロ登山となった先週末。
最近は行動時間の長い山が多かったので、今回はノープランでゆっくり軽登山にしてみました。

特に何かを狙っていたわけではないのですが、ズームレンズを置いて単焦点オンリー。
たまには一人でじっくりレンズ越しに山の自然を眺めてみるのもいいかな、と。

そんなわけでノープランでも楽しめる、飯能の天覧山〜多峯主山です。

GPSログ

飯能駅〜天覧山

DSC09235.jpg

のんびり家を出て、朝8時半頃に飯能駅に到着。
池袋から割と近いので、東京の東側や埼玉、千葉などに住んでいる人にはありがたいですね。
天覧山は駅から徒歩20分ほどで登山口に着くので、バスの時間も気にしなくていいのがまた良いです。

時々見かける道標を頼りに飯能の市街地を歩きます。
部活動でしょうか、高校生くらいの年齢のキッズ達が登校するのに混じりながら。

DSC09239.jpg

田舎によくありそうなコンビニ……と思いきや。
よく見たらヤマノススメめっちゃ推してます。っていうか聖地なんですね、ヤマノススメの。
フリーズドライとかも売っていて、山屋の物資補給拠点みたいな感じでもあります。
一部の山屋の必須アイテムになっている?「お嬢様聖水」も売ってました。

お店のすぐ近くが天覧山の登山口。
なので、ここで色々買い物していくのがいいですね。

DSC09241-2.jpg

なんとなく缶コーヒーが飲みたくなったので、出発前に軽く一服。
さて、それじゃあ向かいますか。

DSC09247.jpg

……と、初っ端から立ち止まってしまいました。
山の入り口付近、まだ紅葉が残っています。12月でもまだ間に合うんですね、今年は。

DSC09289.jpg

鮮やかな赤で美しい。
もう枯れ始めている木もありましたが、こんな感じで元気な木も。

DSC09292.jpg

やっぱり紅葉は逆光が良いですね。

DSC09294.jpg

一通り堪能したら登ります。
最初は舗装された歩きやすい道。

DSC09306.jpg

木のチップがやさしい広場、天覧山中段。
ここからでも飯能の町を見渡せます。
トイレもきれいなので、ここで用を済ませていくのが良いかも。

DSC09310-2.jpg

そして少し歩けば……

DSC09322.jpg

あっという間に天覧山!
標高195mの山頂に到着です。

天覧山〜多峯主山

DSC09321-2.jpg

天覧山の山頂は展望スポットもあって、低山ながら見晴らしは良いです。
この日は見事に快晴、遠くに富士山も見えました。

DSC09326.jpg

登り始めてまだ1時間も経っていないので、写真を撮ったら多峯主山へと向かいます。

DSC09334.jpg

こちら側はもう散り気味でした。
陽や風の当たり方次第で変わるんですかね。

DSC09346-2.jpg

多峯主山へ登るには、一度ほぼ標高を下げ切ってから再び登り返します。
といっても標高200m前後、奥多摩の凹凸に比べればほとんど平地のようなもの。
黄金色の木々を眺めながら歩く余裕はあります。

DSC09356.jpg

地元の方のウォーキングコースにもなっているのか、すれ違う老若男女と挨拶を交わしつつ。
多峯主山へと向かう登りの階段へと足を進めます。

DSC09364.jpg

せっかくカメラ持ってきてるので遊んだり。

DSC09366.jpg

カメラ楽しい!

DSC09388-2.jpg

コースタイムも気にしなくていいから、何の縛りもなく山を楽しめます。
登山道もよく整備されていて歩きやすく、素朴ながらも味わいのある道。

DSC09400.jpg

低山の道を撮るのが好きなんだなぁ。なんでだろう。
よくわからないけど好きなんです。

DSC09404.jpg

階段が急になったら、そろそろ山頂。

DSC09411.jpg

子供用の鎖場を経て……

DSC09423.jpg

多峯主山の山頂に到着です。
ここまで1時間半も掛からないくらい。カメラで遊ばなければ1時間を切るかも。

多峯主山〜吾妻峡

DSC09427.jpg

こちらもまた展望はばっちり。
天覧山より若干高さがあるので、より遠くまで見渡せます。

DSC09432.jpg

飯能の裏側だって見えちゃう。
秩父の山々を一望できます。

DSC09442-2.jpg

お昼ご飯にはまだ早い時間だったので、おにぎり一つだけ食べて下山。
地図も見ないで何となく歩いていたら……

DSC09444.jpg

やっちゃった。気が付いたら多峯主山の北側へと向かっていました。
すぐに気付いたので一旦引き返します。
でもこっち側も雰囲気良かったなぁ。

DSC09446.jpg

階段を登り直し。

DSC09453.jpg

あれ?また違う場所に出てしまった。
このあたり、細かい分岐が多いですね。

DSC09452.jpg

でも景色が良かったので結果オーライ。

DSC09457-2.jpg

正規ルートに戻ると小さな社が。
御嶽八幡神社というらしいです。

DSC09463.jpg

お洒落さん。

DSC09465.jpg

台風の爪痕でしょうか、なかなかえぐいですね。
今年は夏以降、関東の低山ではこういう光景をよく見掛けます。
やはり風はかなり強かったんですね。

DSC09467-2.jpg

多峯主山の下山ルートは、木々が金色に輝いています。
もう冬はすぐそこまで来ていますが、2018年の秋はまだまだここにありました。

DSC09473.jpg

この鳥居をくぐれば下り坂も終わり。
あとは平坦な道を歩いて登山口へと向かうのみです。

DSC09486.jpg

田舎道って感じで良いですね。

DSC09494-2.jpg

というわけで、無事下山!

DSC09495.jpg

これでもまだ正午前、まっすぐ帰るのももったいないので、近くにある吾妻峡へと寄り道してみます。

吾妻峡〜飯能河原〜飯能駅

DSC09498.jpg

ドレミファ橋を渡って、川の向こう側へ。
後で知ったんですが、ここもヤマノススメの聖地なんですね。

DSC09519.jpg

広角レンズで遊んでみる。
低山だと広角レンズの出番はあんまりないのですが……持ってきておいて正解でした。

そのまま河原を歩いて飯能駅方面へと向かいます。
時間も余ってるし、都内に移動してイチョウ並木でも撮りに行くかなぁ……なんて考えながら。

DSC09563.jpg

すると、飯能河原でまさかの紅葉と遭遇。
紅葉の名所のような一面の椛……ではないですが、まさに旬の時期と言ってもいいような染まり方。
これは予想外。良いタイミングで歩けました。

DSC09576-2.jpg

飯能は紅葉が進むのがちょっと遅いんでしょうか?
秋の写真登山の締めには良いのかもしれませんね。

DSC09586.jpg

手が届きそうなくらいの至近距離なので、中望遠がめっちゃ活きる。
そう、こういうの撮りたかったんだよね!

DSC09599.jpg

山ではなかなかこういう写真は撮れませんね。
高尾山や大山だったら撮れるかな?

DSC09619-2.jpg

午後のプランのこともすっかり忘れて、気が済むまでカメラ遊び。

DSC09633.jpg

堪能しました、満足。ありがとう飯能河原!

DSC09639.jpg

帰り道、神社でついでにイチョウをちょっと撮って今日の写真登山はおしまい。
イチョウはまだ緑が若干残ってましたね……。

DSC09643.jpg

最後に飯能の駅前、ぎょうざの満州で少し遅めのお昼ご飯を食べて、まっすぐ帰宅。
日が暮れる前に帰宅できる、お手軽登山でした。

飯能のあたりは標高も低くて行動時間も短い山が多くて、数字だけ見ると物足りなさそうですが、実際に登ってみると全然そんなことはないですね。
奥多摩のストイックさに比べるとこちらは穏やかで優しい。
気楽に、気負わず登ることができる山というのもなかなか良いものだと再発見した一日でした。

データ

アクセス
往路、復路ともに:~西武池袋線 飯能駅
使用レンズ
SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS SEL100F28GM
SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z
ZEISS Loxia 2.8/21
Album
DSC09274-2.jpg

ヤマレコを見る

アーカイブ